うつ病を生きる

うつ病と共に18年間歩んできた当事者が『生きるとは何か?』について真剣に考えるブログ。

<怒り>というものについてのぼやき

感情が悪いわけじゃないのよ。

怒りは人を傷つけるという意味では、扱いには注意が必要。
相手の怒りも買うし、ともすると関係が破綻する場合もある。
(まあしかし、そのときはそのとき。)
あとは、放っておくと自己を蝕む。
このような意味においては扱いには注意が必要だということ。

しかし、大切なのはね、『なぜ怒りがわいたか?』という自分なりの理由を明らかにすること。
単に「怒りは悪だ」と善悪でとらえると、「怒りは悪の感情だからあったらダメなんだ。」という風に、否認もしくは矮小化してしまい兼ねない。
そうなると、最初に書いた『なぜ?』という自分なりの理由を明らかにすべく内面を深堀りしたところの反省にならない。
(要するに人間としての変化が無い、経験からの学びが無い、ということになる。耳が痛い話しだが必ず同じことを繰り返す。)

理由を明らかに(言語化)し、可能ならばその言語化した言葉を冷静に伝える(というか自分のこととして表現する)ことが大切です。
↑わたしはこれが出来ず(ついつい自分を後回しにするため)に感情が暴発しやすい

しかし、一つわたしが心がけていることとして、「相手の怒りを買わない」ように「相手のペースを大切にする」という態度がある。
(なぜならば、相手から嫌われたくないから。裏を返すと、主張下手(受け身)、という風になる。怒りが暴発しがちな今のわたしそのもの。)
相手を縛りつけすぎない(拒否されづらい)言葉のチョイスも重要だ。

で、
・暴発しやすいわたし(相手のペースに合わせすぎる)
・自分のペースで強引にものごとを進めようとする(相手のペースを重んじない)傾向にある相手

これがバッティングすると、わたしの怒りが暴発しやすい。
(わたしが暴発しているときの考えを言語化するなば「失礼なあいつを今度はこっちが支配してやる」という風に、一般的にも怒りは相手を支配しようとする感情の表現でもあるのだそうだ。)
怒りというものは性質上、「抑えずに表現した人が悪い」ととらえられがちで、実際にそのような指摘を受けやすい。
(相手はこちらの感情を否認するために指摘するのだろう。)

しかし、今回書いたように双方に何かしら原因が含まれていることがほとんどです。

自分の中に理由を明らかにし、それを許すことによって関係は維持可能、だということも経験している。
しかし、相手がいることなので相手によるとしか言いようがない。

「不安」の極地にあるもの

「不安」はどこからやってくるか – アゴラ

不安は不安のままに、しかし、行動をそのときどきで変えてゆくことが大切じゃないだろうか。
どのような行動を選択したら不安が軽減されるのか?という観点から様々試したいものである。

認知療法的にいくら思考や考え方の視点を変えても不安なものは不安である場合もあるし、わたしなどは思考に逃避(回避)することで不安が増大することがままありますからw

成功者パターンを残す感じで行動を積み重ねてゆけばいいんだと思う。

あとは、不安の原因を己の中に発見し、納得すると不安が手放されて行く、ということもあります。
なんて言うんだったかなー、“諦むる”というやつ。
これ、こないだ実感した。

逆説的だが、『不安という己の感覚を信じ、不安が己の内にあることを認識し戦わずして無力を受け入れ、原因を己の内に発見する。』
全て己の中で簡潔するとも言えますから、こういった観点からしても“己を信じる”ということが大前提なのかもしれませんね。
あとは、自分以外は変えられないという
仏教を引用させてもらうと、四諦の苦集滅道の苦。
『』で括った箇所は、苦集滅まで入ってるかもね。

方策を一つに限定せずに、こういうことを組み合わせるといいのかもね。

さらに発展させて仏教的にやるならば、以下に挙げる八正道が見いだされています。

正見(正しい見方)
正思(正しい決意)
正語(正しい言葉)
正業(正しい行為)
正命(正しい生活)
正精進(正しい努力)
正念(正しい思念)
正定(正しい瞑想)

正見、正思あたりは、認知行動療法的と言えるのではなかろうか。
おのれの内に湧き出でた感情を精査する、という点においてはね。

わたしも不安の強くでるうつ病であり、不安神経症社会不安障害)と診断を受けるぐらい強い不安を抱えながら生きています。
(なぜかという原因を個人のライフストーリーや気質などから振り返ってある程度は理解したつもり。書きたいのも山々だが、しごく個人的なことなのでこれは割愛。)

そのようなわたしが、
「不安は嫌な感情ですが我々人間を含む生物が生きる上では必要な機能」
だと思えるようになった。
生きている間、消えはしないでしょう。
受け入れるしかありません。

わたしはわたしの感じる不安に対して無力であり、もう戦わない方向へとやり方を転換させなければならない転換点まできています。

違いを理解し弱さを受け入れるということ

いつだって2割の人は生きていけない

そもそも人間という存在は自分一人では生きて行けません。
実際に周囲を見渡してみれば、自立した暮らしを営んでいる方だとしても、誰かの存在によって成り立たされていることに気づくことができるのではないでしょうか?
たとえ独り暮らし立ったとしても、家を借りていたら大屋さんがそこに部屋を提供していなければ住めないわけだし、蛇口から出る水だって行政が管理する施設の職員さんや水道の設備の敷設に携わった方たちがいるおかげで、独り暮らしできる環境となっているわけです。

わたしたちの住む世界は全て調和の上に成り立っていて、人間は一人で生きている人は誰一人としていません。
どからこそ、このことに感謝し、そしてわたし(やあなたが)ができることを通してそれら周辺にいる生活のささえとなっている人に対して、奉仕する気持ちもまた生まれるわけですね。
方法はいくらでもあります。

今生かされているということも、実は奇跡のようなことの連続の中で命が生き長らえているということに気づいた人ほど、わたしは幸福へと近づいてゆくだろうと信じている。
社会になじめないと往々にして弱い立場に立たされますが、立たされた方もたまたまそうなどだと思えるようになりますから、それは即ち多様性を受け入れる寛容性の器の大きさと比例します。

そこからさらに発展すると、強いは弱いんだなということも気づきますし、それどころか弱さ強さだということにも気づき始めるでしょう。
更には、弱さ、弱みを抱えている相手に対してわたし(やあなた)のできることで奉仕を行い助けるということの中にある喜びを発見することになるでしょう。

違いを理解し、弱さを受け入れ、己を差し出す。
この中にある喜びや幸せ感こそ、愛情といえるものではないでしょうか。

誰でも出来る簡単な自分の変わり方

上司との喧嘩別れ。回避する方法はないですか?――DMM亀山会長の人生相談 | 文春オンライン

なぜ上司は理不尽なんだろうか?

わたしなりに考えると、日々の部下であるあなたの態度や行動の積み重ねによって生まれた不満が上司の側にあるとしたら、やはり部下であるあなたの反論クセが日常から上司のストレスの元になっていることが想像できます。
日頃の行動や思考(認知プロセス)、受け取り方などのクセが仇となったのでしょう。
狭い範囲での因果応報とも言うべきか。

『日々の体験を振り返り、行動の動機を見つめ反省する』
ということを習慣化しましょう。

往々にして、何か理不尽な出来事などのいわゆる“苦しみ”という体験として現れることの中に、自らが成長の種がある。
それに気づき、誤っていたことについて反省し、行動を変える。
この繰り返しを日常を通して行い続けることで、わたしたちは確実に成長してゆくだろう。

別な言い方をすれば、そのことにどうしようもないと無力を認めて戦うことをやめ、受け入れ反省することで手放す。
その後、現実において行動が自然と変わる、もしくは慣れてきたら気づきとともに自ら変える。

進んでくると、リアルタイムでぱっぱぱっぱと変化することが可能になる気がします。
わたしはまだその途中ですけどもね。

もっと言うと、部下であるあなたの『“怒り”の本質を見つめる』という手段もあります。
これをやるには生まれてから現在までの個人のライフストーリーを振り返ったりする必要があるでしょう。

わたしはこれをやり方をその都度学びつつやっている最中です。
最近はこれを結構なペースでやり続けています。

そのうち、性格が丸くなりますよ。
怒りが手放されるわけですからねw

もっというと、“人格統合”なんてことも起きる。
わたしは一度、イメージの世界で体験済みです。
わたしの師匠も彼なりのイメージで体験したことを分かち合っていただきました。

とはいえ、日常を通して様々なことがあってまた新たな怒りなどにとらわれますから、何度も繰り返し繰り返しやって行きます。

これをやることがわたしにとっての人生です。
もはや、人生を通しての修行である。
人格(魂)を磨くためのね。

以上、
『誰でも出来る簡単な自分の変わり方』
でした。

失敗と後悔を大切に生きよう

若いうちに無理をして経験する必要のない7つのこと | BUSINESS INSIDER JAPAN

本題に入る前に若いうちに経験(体験)すべきことの答えが書いてあったw

> 誰にでも後悔はある。

これがまさにとても大切にすべき体験だとわたしは思う。

そのときどきに見あった失敗や後悔を繰り返すことでわたしたちは成長してゆくのではないだろうか。
成功するために華々しいことをやるよりも、実は大切なことなのではないでしょうか。
たとえ自分なりの成功を目指すにしても、その何倍もの努力と経験を積み重ねる中で、来る日も来る日も何千回も何万回も後悔や失敗を繰り返し試行錯誤の連続を生きた方が、より中身の濃いところへと辿り着くのではないかとわたしは感じます。

あなた(やわたし)以外の誰かになろうとする必要など無いんだよ。
あなた(やわたし)らしく泥臭く雑草のように生きることを諦めさえしなければ。

生きるために“自我”が必要だったのはわたしたちがまだ子どもだった頃までだ。

恥ずかしがってる場合ではなく、みっともない自分をもっと晒け出さねばのぉ。

依存症とわたしと自助グループ

「地獄の底」に希望の光――アルコール依存、女性の軌跡 - Yahoo!ニュース

うつ病であると同時に依存症でありACでもあるわたし。
病気であることに変わりはないのだが、中核にACというものがありそれがうつ病(というよりはどちらかというとストレス障害ぽい)や依存症に発展したという風に理解するようになった。

今風に言えばACは愛着障害だととらえ直すこともできる。
そういった意味ではわたしはいわゆるパーソナリティ障害(正確には障害ではなくDisorder)の範疇にあったとも言えるだろう。

どうあれ、これ全部様々な角度から眺めた場合の病気の呼び名にすぎない。
病名はときの研究結果や社会的な状況によっても変化するもの。
ですから、病名にはこだわらずに治療や回復に取り組むことが大切です。(←ここまで具体的に言語化できるようになる前からこの認識はいつの間にか持っていましたから、これに則って積み重ねてきた。専門家の方もよくおっしゃってます。)

依存症は個人の意思の弱さが原因なのではなく、個人の意思を超えて止められなくなる病気です。
そして、これと同時にミーティングでの分かち合いを通して確実に回復につながる病気でもある。

回復している仲間を信じ取り組みさえすれば、豊かな人生が開けるでしょう。

引用↓
> アルコール依存症は飲酒欲求をコントロールできなくなる進行性の病気だ。

> 2013年の厚生労働省の調査では、国際診断基準ICD-10によるアルコール依存者数は109万人にのぼることがわかっている。しかし、治療者数は5万人に満たない。さらに家族が問題に気づいてから本人が治療に来るまで、平均して6年もの期間がかかっている。本人や周囲も「病気」であるとの認識が持てないことが問題だ。成瀬さんはこう話す。
「コントロールできないことが症状なので、必要なのは叱責ではなく適切な治療です。自分の意志だけではやめられないため、医療機関や専門機関に相談してください。早く治療すればするほど効果的です」

わたしもACAという自助グループに通っている当事者であり通ううちに依存症(と同時に、どちらかというとベースとなると言われている人格傾向のACも)を自覚するようになりました。
ちなみにわたしの依存対象(アディクション)はアルコールではありませんが、地域のオープンで開催しているAA(アルコホーリクアノニマスアルコール依存症当事者の自助グループ)にもちょくちょく顔を出しています。

ごくたまにNA(ナルコティクスアノニマス:薬物依存症当事者の自助グループ)にも顔を出します。
彼らから一人の“仲間”として受け入れていただきましたが、最初は複雑な心境でしたが徐々にわたしのような存在を受け入れていただけた感謝の気持ちが芽生えてきました。
また顔を出して分かち合いしてきたい。
彼らのハードな体験ほどではないですが、どこかわたしと似たようなものを彼ら仲間から感じることが多くありました。
何よりわたしの体験していないことを聴くことにより、わたし自身の体験の幅が広がる感覚がありますし、だからこそ学び多き機会です。

ちなみに規模や人数はさほど重要なことではない、ということにも気づき出しています。

わたしはアルコールでも薬物の依存症ではありませんが、目の前にそれらが無かったからそれをアディクションに選らばなかっただけですから、ひょっとしたらわたしもそれらの当事者の道を歩む人生があったかもしれません。
これはAA、NA双方参加して感じるようになったことです。
もちろんACAでの分かち合いの中でもこのことを発見するおおいなる気づきの一部が与えられたことは事実でしょう。

まだまだ半端にしか回復していない依存症当事者としてのわたしですが、しかし、記事にもある通り回復とは回復し続けることであると捉えると、半端であれ回復を実感するようになってきたのは事実です。

わたしの通うホームグループであるACA、オープンで参加させていただいているAAやNAの他にもGA、SA、EAなどもあるようです。
全て同じ12ステップや12の伝統を用いたグループですので、いつか機会があったら足を運んでみたい。

ちなみに、激しい苦しみの中をサバイバルしてきたわたしの師匠なんかは、もはや禅僧のようでもあります。

煩悩の世界ですから、仏教との親和性も高いのは当然ってことかもしれないね。

今日も振り返りの中で一つ、
ハイヤーパワーより与えられた苦しみを拒絶せず受け入れ実際に行動に移すことによって、わたしの回復が促されるとともに新たなフィールドが目の前に現れてゆく』
ことに気づくことが出来ました。

薄々このような気はしていましたが、思いきって勇気をふりしぼって出た行動が、現実を変えつつあるという実感が出てきました。

長いスパンで振り返ってみても、成長の新たな段階の前には必ず『苦しみ』が与えられ、それと自分なりに向き合い行動に変えることで新たな存在として生まれ変わり続けたのだなということがはっきりと分かります。

これまでもそうであったように、おそらくこれから先の人生においてもこのようなサイクルが繰り返し繰り返し波のように訪れるのでしょう。
しかし、小さな人間であるわたし一人の力では、そのような繰り返し訪れる苦しみに対して無力でしかありません。

そのときはまたハイヤーパワー、あなたのお力をお貸しください。

あなたから与えられる助けや恵みに感謝です。

わたしや仲間たち、家族、地域の人々、そして縁があり関わってくださる人々全員の平安と落ち着きを祈ります。

田代まさしは公演という公の場で“ハイヤーパワー”ってことをぶっちゃけてるけど、他の仲間は“縁”とか“他者の存在があってのわたし”などという表現でオブラートに包んで表現している。
どうするか一瞬悩んだけど、祈りの最中に頭の中でつぶやいているようなイメージでわたしも直接的な表現を用いることを選びました。

これらの“病気”と向き合うことがわたしの人生を生きるということの中核にあります。
“苦しみ”についての対処法も自助グループフォロワーシップの中に数多くあり、経験の叡知をお借りしています。

ハイヤーパワーや読んでくださったあなたの恵みに感謝です。

ありがとうございました。

わたしはコミュ症です

昨今のビジネスでは「社交性」よりも「説明能力」のほうが遥かに重要。 | Books&Apps

「社交性」と「説明能力」を両方兼ね備えている人も中にはいます。

わたしはというと対人関係が苦手すぎるためPCとにらめっこする職に就いたはいいものの、コミュニケーションというものを非常に重視している会社に入社し、入社前研修での対人関係のストレスからうつ病(振り返るとどうやらストレス障害っぽい)を発病した、真症の『コミュ症』である。
やだやだw

その会社にいた頃はコミュニケーションについて悩みあぐねてはいましたが、具体的にどうこうして能力を伸ばす手立てすら分かっていなかった。
しかし、それなりに職に就いては…ということを繰り返しながら、現実の対人関係からは逃げてばかりいた。
主にネットの世界に逃げていたね。
チャットから入りやがてネトゲにとっぷりと浸かることになる。

コミュ症ながら他者とつながりたい願望は昔から人一倍あったようで、文字を通してのコミュニケーションは欠かさなかった。
おかげで周囲の知人から「おまえのメールはなげぇよ!」と悪態つかれることが幾度となくあったw
まあ今ではある程度受け入れられるようななったため、自らネタにするぐらいになりました。

あれから10年以上が経ち、それなりにちまちまとネットでコミュニケーションとは何ぞや?ってテーマで読んでいたはいいが、いかんせん現実の世界で行動に移すということはあまりやってこなかったため、頭でっかちを地でいくような始末。

人生が底を尽きてからですね、徐々に現実の世界でコミュニケーションの練習を積み重ねるようになったのは。

わたしは理屈から入った口ですから「なぜわたしはコミュ症なのか?」とうことをざっくり説明できそうだということからどうやら「説明能力」は有りそうだ。

しかしね、未だに恐れが強くて話し出しても自信が無いからすぐに怖じ気づいちゃう!
どうしようもないw
毎日これだw
これが他者とのコミュニケーションのネックになっているのは分かるんだけど、怖いものは怖いw

最近では気づいたときに「あ!やべっ!」っつって、その後に思いきって力を込めてしゃべるようにはしているのだが、いかんせんコミュ症っぷりは健在です。

どうやら共感力もあるらしくまるで女子のように「わかるわかる」が口癖です。

わたしにとってコミュニケーション上ネックなのは『恐れ』。
場数踏むしかないかな。
毎日修行ですよ。